株式会社さくらエステートホームズ|不動産|売買|賃貸|アパートマンション|貸家駐車場管理|注文住宅|増改築|リフォーム|外構工事|茨城県│牛久市│つくば市

qrcode.png
http://www.sakura-eh.co.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社さくらエステートホームズ
〒300-1234
茨城県牛久市中央3丁目32番地4
TEL.029-871-0205
FAX.029-874-0249

──────────────────
●不動産売買及び賃貸・
  アパートマンション・貸家駐車場管理
●注文住宅・増改築・リフォーム・
  外構工事
──────────────────
茨城県知事免許(2)6655号
茨城県知事許可(般-25)第32521号
──────────────────
「さくらさく家」設置協力店
 
 

株式会社さくらエステートホームズからのNewsletter

株式会社さくらエステートホームズからのNewsletter
 
コーヒーブレイク<顔は宝塚>
2018-06-09
 <顔は宝塚>
 愛和病院の施設(リラックス)で、フラダンスを習い始めて4年になります。
 6月3日、愛和祭り開催、夏を思わせるような暑い日でも過去最高の人だったそうです。
 ヒロラニスタジオからの参加者は、3~6歳までの子供たちとスタジオ(ベテラン組み)・愛和のメンバーで踊りました。
子供たちの局は、「アナと雪の女王」踊りはとっても可愛かったですよ。何よりも先生が前にいなくても踊れるんですから凄いです。
  私はというと、今回2回目の参加となります。フラは音楽に合わせ踊ることで精神が安定するとか?といいますが、当日まで2ヶ月余り、4曲も覚えることに必死でしたので、憂鬱と不安の毎日でした。
 ギリギリの前夜、何が恥ずかしくて不安なのかなぁと考えたときに、踊りに自信がない?・観客の顔が見えるから恥ずかしい?では、化粧(特に目)をコテコテニ濃くし、顔を観ないで斜め上を観たら恥ずかしくないなと自分に思い込ませることにした。こういうときは思い込みが大事ということが分かった。
 当日、これでもかというくらい目を中心に濃く化粧をして、まつ毛・ほほ紅・赤い口紅をつけこれでバッチリ(顔は宝塚) 
これを観ていた息子が、「ハロウィンだね」と、くすくす笑っていました。主人は「車を持ってくるまで待っててね」と、
いわれるくらい凄い顔。でもその化粧のおかげで恥ずかしいと思うことなく踊れることができたと思っています。
それが私のレベルです。
 
 
さくらさく家VOI.96を掲載しました
2018-05-24
 
<コーヒーブレイク>一日幸せ気分
2018-05-21
 出勤途中に毎年、バラを見事に咲かせている家があります。あまりの見事さに自転車を止めて見入ってしまいます。
 先日、健康集いの会で取手集合、参加者85名、電車で乗り継ぎ乗り継ぎで八千代市の京成バラ園に行ってきました。
八千代緑ヶ丘駅でおり、改札口を出るとお弁当の販売を目にしました。ほとんどの方が買っています。
駅を出て15分ぐらい歩いたところにバラ園がありました。入場料シニアの方は900円です。
 バラ園に入ってからまず腹ごしらえ、視界いっぱいに広がる種類豊富な色彩と芳醇な香りのハーモニーがご馳走です。
バラは四季咲きですが、花を大きく育てるために剪定をして春バラシーズンと秋バラシーズンで咲かせているそうです。
花びら一枚一枚のかさなりかた・形・色彩もいろいろで、菊の花かな?と、思うようなバラ・芍薬・ボタンを思わせるような
バラもありました。今日が一番の見頃だそうでバラのテーマパークですね。
 今日は平日のため人も多すぎず和やかな雰囲気で優雅な時間を楽しく過ごしてきました。
バラ好きな方は、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。。今度は秋バラシーズンが楽しみです。
 
 
 
さくらさく家VOI.95を掲載しました
2018-04-19
 
おばぁちゃんの草餅
2018-04-12
 <おばぁちゃんの草餅>
 よもぎ草を見つけると懐かしく思い出すことがあります。
春の日差しが温かくなったころ、土手や野原によもぎ草がたくさん生えるところが会った。
昔はどこのお宅でも、この時期になるとよもぎ草(茎が伸びていない若葉)を摘み、餅にして食べていました。
私の田舎ではよもぎ草を餅草と呼んでいます。今だったら犬を連れて散歩をしている方が多いので摘めないでしょうね。
 小学生の頃、よもぎ草が生える季節の日曜日、おばさんに連れられて布袋と包丁を持って摘みにいったものです。
家に帰り、それを新聞紙に広げ、きれいにゴミを取り除きおばぁちゃんに渡します。きれいに洗ってから大きな鍋で湯がき、
水にさらしておきます。それをざるで水を切り、大きな手でギュッ、ギュッと絞りすり鉢に入れます。
私は、すり鉢の縁を動かないように体全体で力を入れて押さえ、おばぁちゃんはよもぎの形がなくなるまですりこぎ棒で
擦ったり、つぶしたりします。ジューサーがあったらすぐできたのに、あの時代は便利なものはなかったような気がする。
 もち米を蒸かしてうすに入れ、杵で父がつきます。餅のなったところでよもぎを入れ、また尽きます。
真っ白だった餅が、見る見るうちに真っ青になり,その餅をひとつ、ひとつ丸めて草餅にします。当時は砂糖ときな粉、塩少々
を混ぜてつくっておきます。それにつけながら食べていました。今では、中にあんこが入って売られていますが、よもぎの風味がないのが寂しいですね。
 母が元気なころは、毎年草餅と香ばしいきな粉を添えて送ってもらっていたのですが、、ここ数年はありがたいことに、
母からバトンタッチでおばさん(母の妹)が送ってくれます。今年も口いっぱいに広がるよもぎの風味を噛みしめながら
草餅をいただくことができました。
 
さくら三昧
2018-04-07
<さくら三昧>
 出勤途中に桜並木があります。桜の蕾から開花期間までが楽しみでもあり、桜トンネルをくぐって出勤するのが私の春の楽しみの一つです。
 新聞で「3月24日から4月1日までの9日間、皇居乾通りの桜、一般公開」という知らせを目にした。早速、友達と連絡をとり、3月27日に電車で行くことにした。
 乾通りは、普段立ち入れないところで、桜の名所としても有名だそうです。今回のコースは坂下門から入って乾門に出るコースと東御苑を抜けるコースがあり、途中逆戻りはできないので、私達は乾門を出るコースを歩くことにした。
 この日は、とっても穏やかな日で少し汗ばむ気候でした。交差点ではDJポリスが通行人に案内を呼びかけています。
坂下門に入るまでは、砂利道を歩いて進みます。途中、並ぶほどではないが持ち物検査とボディチェックがありました。
 坂下門の重厚な扉を通ってから乾通りを歩きます。ペットボトル持ち込み禁止のため、水分補給するところもありました。
間もなく、目に飛び込んできた両サイドの桜、一変して華やかに満開です。枝ぶりもよく、桜と池、石垣とマッチングしたすばらしい景観を眺めながら、桜をバックに家族写真を撮っているか方も大勢いました。
 途中、局門(つぼねもん)と書いた看板が目に入った。門は閉まっていたが、大奥女中の通用門として使われていたそうです。大奥の時代劇を想像しながら桜を眺め、あっという間に乾門に出てしまった。乾門を出てから東京駅に向かう途中、東御苑の桜もゆっくり観て回ることができ、今日一日思った以上に混雑もなく、迫力ある美しい桜並木を楽しみ、これ以上ないというほど充実した気分のオノボリさんでした。
 
 
さくらさく家VOI.94を掲載しました
2018-02-25
 
後期高齢に向かって
2018-02-18
 厚生労働省の最新の調査によると、日本人の平均寿命は男性が80.98歳、女性が87.14歳で、健康寿命、
これは、健康に問題がなく生活できる状態という条件をつけたものですが、大体男性はマイナス9歳、
女性は12歳だそうです。つまり、平均値では、活動できる限界年齢、男性71歳、女性75歳ということになります。
 老化は遅かれ早かれ誰にでも訪れ、避けられないものです。ちまたでは全体的に見た目、実年齢より5歳若く
見えるそうですよ。
 私も後期高齢に向かい、目に見えるものは、見ること、聞くこと、食べること、歩くことなど、人生最後まで
自立した生活ができるようにと、愛和病院の健康増進施設に通って、私なりに体のメンテナンスをしております。
当然、知能や精神面の老化も起こってくるわけですが、老化を遅らせることならば、できることが他に
あるかもしれませんね。
 そのひとつが、今話題になっている健康マージャン。認知症の予防をかねるとして、年配の女性の間では人気
です。某自治会などでは、健康マージャン教室も行っている地区もありますが、とくに女性の参加人数が圧倒的に多く
順番制になっているところもあります。
 私も仕事をリタイアしたときは、いろんなことに興味を持ちつつ、心身ともに健康で何事もポジティブに考え
老い短い人生を謳歌したいものだと思っております。
 
 
 
さくらさく家VOI93を掲載しました
2018-02-05
 
さくらさく家VOI92を掲載しました
2017-11-19
<<株式会社さくらエステートホームズ>> 〒300-1234 茨城県牛久市中央3丁目32番地4 TEL:029-871-0205 FAX:029-874-0249