株式会社さくらエステートホームズ|不動産|売買|賃貸|アパートマンション|貸家駐車場管理|注文住宅|増改築|リフォーム|外構工事|茨城県│牛久市│つくば市

qrcode.png
http://www.sakura-eh.co.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社さくらエステートホームズ
〒300-1234
茨城県牛久市中央3丁目32番地4
TEL.029-871-0205
FAX.029-874-0249

──────────────────
●不動産売買及び賃貸・
  アパートマンション・貸家駐車場管理
●注文住宅・増改築・リフォーム・
  外構工事
──────────────────
茨城県知事免許(2)6655号
茨城県知事許可(般-25)第32521号
──────────────────
「さくらさく家」設置協力店
 
 

株式会社さくらエステートホームズからのNewsletter

株式会社さくらエステートホームズからのNewsletter
 
コーヒーブレイク<食品ロス>
2016-06-25
<食品ロス>
先月の新聞に掲載されていた記事ですが、家庭内で手つかずのまま賞味期限・消費期限
が切れて捨てられている食品は意外と多いそうです。その量は年間200~400トン位
あるといわれ、一人当たりに換算すると何間24キロ以上ではないかと推定されます。
その中には食べ残し、調理の際での野菜の皮剥、肉の脂身の取り除き、食べられる部分
を過剰に捨てていることなどが食品ロスの原因になっているそうです。
みなさんのお宅ではどうですか? 我が家は6人家族なので食品ロスは多だあります。
買い物は勤めているので私流ですが、節約の為に週2回まとめ買いをし、冷蔵、冷凍に
分けてストックしており、その日足りないものがあった時だけ買い物をして帰ります。
なので時々冷蔵庫もチェックしないと奥の方から消費期限切れや使いかけの食品、
食べ残しなども出てくる時があります。もったいないと思いながらも罪悪感にかられながら
捨てます。節約しているようでしてないんですね。
私も含めて食品ロスをなくすには賞味期限と消費期限の違いを理解し、賞味期限を過ぎた
食品については、捨てる前に見た目とか匂いなどで判断してから捨て、消費期限は
胃痛や下痢を起こす場合もあるので期限内に消費しましょう。
そこで、食品ロスの三原則「買い過ぎず」「使い切る」「食べ切る」これを意識しながら
お買い物ができたらと思っております。
 
 
 
 
 
 
 
さくらさく家VOI81を掲載しました
2016-06-12
 
さくらさく家VOI80を掲載しました
2016-04-23
 
コーヒーブレイク<先駆け?夫 誇りに思う>
2016-03-19
   <先駆け?夫誇りに思う>
 50年前の子育てのころが懐かしく思い出されます。
当時私達は北海道室蘭市の市営住宅に住んでいました。
 私は長男を授かり、退院後は夫と二人で子育てです。
たらいにお湯を入れ、夫が子供を抱き、耳に水が入らないように
湯船に入れてくれました。
 慣れない食事作りなど家事も協力してくれました。
母乳が足りず、夜中に何度も子供が泣くと、夫はすぐ丹前の懐に
子供をすっぽり入れ、私も急いでミルク作りです。
 あのころ電気ポットがあったかどうか定かではなく、冬の冷え込みで
部屋の中でも朝にはタオルが凍っていました。
布おむつが乾くまで足りなくなることもありました。
 子煩悩な夫は会社から帰ると子供を散歩に連れて行き、
私はその間夕食の支度です。
2人目が生まれ、銭湯には夫が長男を連れていきました。
今イクメンが増えていると聞き、私は夫を誇らしく思っています。
今も、夫は食後の洗い物を手伝うなど協力してくれ、助かっています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さくらさく家VOI79を掲載しました
2016-03-12
 
さくらさく家VOI78を掲載しました
2016-01-23
 
年末年始のお知らせ
2015-12-27
年末年始のお知らせ
12月30日~1月6日までお休みとさせていただきます。
1月7日から通常通り営業しております。
 
さくらさく家VOI77を掲載しました
2015-11-29
 
さくらさく家VOI.76を掲載しました
2015-10-25
 
みんな頑張れ!
2015-10-17
   <みんな頑張れ!>
 牛久市福祉施設にある障害者支援(NPO法人)の理事をしている先生が事務所に来られました。
先生とは、14年くらい前になるでしょうか。障害者や老人の憩いの場が牛久にはないのでそういう人達が
気軽に行ける場所を提供したいと言ってこられましたのが初めてのお付き合いです。
そして先生の念願の憩いの場を建てられました。
 牛久では障害を持っているお子様の親御さんが70~80歳代の方が多く、子供の行く末など言葉では
言い尽くせないくらい不安をいっぱい抱えながら、お世話も大変になっているそうです。
中には歳いって片親だったり、両親も亡くなっていたり、施設にお願いしたいと思っても施設が少ないし
働く人も少ない・・・・。現在募集中です。資格がなくても施設で働きながら試験を受けるための勉強は
教えていただくので資格を取りたいと思っている方はどうですか?
 先月お店にお邪魔したとき、若いお兄さんが働いておりました。夏休みだからアルバイトかなと思ったら
後で聞くと施設の方だと聞いて驚きました。なぜなら礼儀作法・言葉使いなども私よりしっかりしてましたので
教育が行き届いているのが感じられました。施設ではひらがななども教えており、漢字が読めなくても
ひらがなを付けてあげればスタッフと一緒に仕事もできるそうです。畑も耕しており、収穫したものは売店で
売っています。いろんな分野で仕事をしながらそれぞれに収入があるそうです。住まいはアパートや戸建で
スタッフと寝泊まりしながら食事作ったり仕事をしながら暮らしているようです。
 苦手なところをちょっと手を差し伸べれば健常者と変わらないそうです。
 「みんな頑張れ!」とエールを送りたい気持ちです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
<<株式会社さくらエステートホームズ>> 〒300-1234 茨城県牛久市中央3丁目32番地4 TEL:029-871-0205 FAX:029-874-0249